オンライン英会話レッスンは沢山の講師と接した方が上達が速い

僕はこの2ヶ月程で約20人くらいの講師とレッスンをして、英会話に慣れるためにはより多くの外国人と話した方がいいと感じた。なぜならば、特定の講師に限定してレッスンをすると、その講師のレッスンの進め方が読めてくるので、何を言おうとしているか予測でき、英語を理解するよりも先に内容を把握してしまい分かったつもりになってしまう。

特に僕はフリートークで英会話力を上げているので、その講師の興味分野に内容が限られてしまう。特にフィリピンの英語教師は20代の女性が圧倒的多数だ。英語は達者かもしれないが、何分人生経験が少ない。そして、女性ということもあり、男性みたいに何かに特化した専門知識に精通している講師はまずいない。

ほとんどの趣味がダンス、映画鑑賞、料理、音楽鑑賞などだ。だから、どうしても会話が限定されてしまう。それでも価値観は人それぞれ、育ったバックボーンも違う。だから、色んな講師と会話することにより、会話のバリエーションを上げることができる。

しかし、英会話レッスンを初めて1ヶ月程はできるだけ同じ講師がいいと感じていた。初心者で外国人と話したこともほとんどなかった。英語で25分間会話するということに、かなりのプレッシャーを毎日感じていた。

だから、少しでも緊張をほぐすために、フィーリングが合う講師が見つかると、頻繁に予約するようにした。そうやって英語でも十分会話はできるという自信を付けることを優先した。

日本人が英語にコンプレックスを感じるのは、話せない自分を肥大化してしまい自信を喪失してしまうからだ。日本社会では失敗は許されない。私達はミスをすると自分を責めてしまう習慣が身についてしまっている。だから英語が話せない自分に罪悪感を感じ、挫折してしまう人は多い。

この価値観を払拭するためにも、まずは自信を持てるようになる事は何より大事だ。自信が持てると自然と英語で話すことが楽しくなってくる。だから最初のステップとしては、一定期間は同じ講師でレッスンした方がいいだろう。

そして自信が付いたら、次のステップとして次々に色んな講師と話した方が毎日が刺激的だ。こうやって沢山の外国人と接することにより、自分がどういったフィーリングの講師と合うかが感覚的に分かってくる。