孫正義氏の英語イントネーションは聴きやすい

日本人の発音はフラットなので、ネイティブの発音は非常に聞き取りづらい。しかも話が早いので、もうほとんど音楽を聴くような感覚になる。しかし、日本人が話す英語はひとつひとつの単語がはっきりと聞こえるので、スーっと英語が耳に入ってくる感じになる。

僕は最近、ソフトバンクの孫社長のインタビュー動画を英会話の教材として活用している。彼は16歳の時に英語も分からずに留学をして、10代にしてアメリカで起業して成功している。その後も積極的に海外企業に投資しているので、いったいどんな英語を話すのか興味があった。

こうやって聴いてみると、日本人は無理してアメリカ人のイントネーションを真似る必要は無いと感じた。日本人が分かり易い英語に接することで、自然と耳にも馴染んで英語が頭に残るようになる。

世界の英語人口からしたら、アメリカ人ですら少数派だ。そもそもスタンダードな英語なんて存在しないのだから、イントネーションよりもはっきりと自分の言葉で伝える気持ちの方が大事だ。