英語が全くできなくてもオンライン英会話に入会すべきか

英会話スクールに通いたいが全く英語ができないから無理だと思っている人はかなり多い。日本では日常生活で英語を使う必要性がないので、いざ外国人と話すときに緊張してしまい、全く何を話してよいか分からくなるものだ。

僕の友達が、全く英語ができなかったが英語で話すことに憧れがあったため、試しに英会話スクールに通った。最初に講師から「Can you here me?(私の声はちゃんと聞こえてる?)」と質問されたが、このような簡単な英語すら分からずに、挨拶もままならず、ほとんど会話にならなかったらしい。

友達は、これはまずいと思い次のレッスンを1週間後に予約して、それ迄に暇さえあれば簡単な挨拶や自己紹介等の単語を覚えてレッスンを受講した。すると、初回とはうって変わって、スムーズに会話を進めることでき、分からない単語は、チャットボックスで単語を送ってもらいすぐに翻訳して理解し会話を成立させた。

友達は外国人との会話は海外旅行での店で支払いする時の簡単なやり取りしか経験したことがなく、何もかもが初めてだった。だからこそ、いざオンライン英会話で実際に生の英語に触れると初めてのことばかりで、貪欲に学んだ。

レッスンで使った単語はすぐに復習して覚えるようにし、購入した英語音声CDを通勤中は欠かさず聞いてリスニングするように心掛けていた。すると、ものの1ヶ月位で教材を一切使わずフリートークが出来るようになり、ちょっとしたジョークも交えられるようになった。

このように完全なる英語初心者でも、英語を話したいという情熱があれば急激に英語スキルを上げることができる。初心者の場合は脳内の神経ネットワークに英語回路を1から作っていくため、変な癖がついておらず吸収も早い場合が多い。

こういった英語習得の速さを側で見ていると、英語上達の秘訣は対面で英会話することが大事だと実感した。日本人が義務教育で最低6年以上英語の勉強をしているのに英語ができない原因は、英会話する時間が圧倒的に足りないからだ。

いつ使うかも分からない知識をいくら覚えたところで、試験が終わってしまえばすぐに忘れてしまう。日本語でも本を読んだ内容は使ってこそ意味があり、ただ読むだけでは1時間後にはほとんど忘れてしまう。英語なら尚更で、覚えた英単語を実際に人前で使うことによって脳に英語の回路ができるようになる。

英語を話せないと思っているからこそ、オンライン英会話スクールで英語を学びたいという動機付けをすることができる。まずは無料レッスンを活用して英語を話すことを体感してみるといいだろう。