英語が話せない人生なんて考えられない

日本ほど英語が話せない人が多いのに、英語に関心がある国はないだろう。本屋には教材が溢れているし、オンライン英会話スクールなども盛況だ。

しかし、日本人でペラペラと話せる人はほとんどいない。僕もつい数年前までは英語は話したいけど、聴き取れないし無理だろうと思っていた。しかし、今では洋画を観る時でも、字幕は必要ないし、外国人ともジョークを交えて英語で話す。

こうやって英語圏のライフスタイルを送ることで、人生は大きく変わった。今迄は日本という国の枠の中でしか、物事を見なかったので、狭い価値観しか持ち合わせていなかった。

海外の情報を翻訳して理解しても本質は掴めない。日本的な価値観が入ってしまうからだ。日本は地球レベルでいうと、東洋の小さな島国でしかない。一歩外に飛び出すと、日本では考えられないような価値観が沢山あり、現地の人に直接英語で教えてもらうことができる。

世界を英語で知ることで、日本でその知識を活かして、視点の高い思考で仕事をするので独自性を築くことができるようになる。

日本語と英語は文法などがかなり違うので難しいという人が多いが、日本語は世界でもトップレベルの難易度だ。常用漢字で2000字以上ある難解な言語を私達は使いこなしている。それに比べたら、英語はたかが27文字のアルファベットで構成されている。

一度コツを掴めばこれほど簡単な言語はないと築くだろう。英語をできるようになるには、話すことが何より大事だ。今は毎日レッスンして月5000円前後でオンライン英会話で世界中の講師を選べる素晴らしい時代だ。これを活用して世界の情報を手にいれよう。