日本人が海外旅行で英会話する時にやってはいけないこと

日本人が海外旅行する際に気をつけるべきことがある。それは話しかける時に、沈黙を作らないことだ。

日本人はあまりに文法を気にし過ぎるあまりに、頭の中で日本語から英語に翻訳して、更に文法を考えてしまい、言葉がすぐに出てこないという人があまりにも多い。

しかしこれは要注意だ。例えば、コンビニで駅の場所を訪ねようと思い、店員に駅の場所を訪ねようと思って近づいた時に、何も話さない東洋人がジーっと店員を見ている状況をイメージしてみよう。

相手からしたら不審者と思われ、場合によっては強盗かもしれないという考えが頭を過る。日本のように治安が良い国はめったにないので、怪しい動きをすれば、すぐに警戒態勢を取るということは常識だ。

たかが道を尋ねるだけなのに、強盗と間違われてしまってはたまったものではない。ここは外国なんだという意識を強く持ち、こういった場合は思いついた言葉を、単語レベルでいいから言葉にすることが重要だ。

「駅はどこにありますか?」は
「Where is station?」

で十分通用する。日本で話すように「ちょっとお尋ねしたいのですが、駅はどこにあるか教えて欲しいのですが?」等と丁寧に言う必要はない。

大学等で難しい文法を勉強している人ほど上手く話そうとして、言い回しを複雑にしてしまいがちである。特に旅行で短期間の滞在などではネイティブと同じレベルで英語が話せる必要は全くない。

それよりも簡単な単語で意志を伝えるということを何よりも最優先しなければならない。外国人が日本人に持つ印象で「何を考えているかよく分からない」と言われるが、これは自分の意見をはっきり言わずに、沈黙を作ってしまうことにある。

日本人の多くは職人気質があるので、完璧に話せないといけないという拘りがある。もちろんこのマインドが日本の高品質な製品には必要不可欠なのだが、こと英語に関してはこの完璧主義が仇になってしまう。

英会話は叩けば響くようなテンポで間違っていてもいいので、思いついた単語をとりあえず口にして、相手に意志を伝えることで、不信感を持たれずに海外でもコミュニケーションができるだろう。