︎英語はせっぱつまった状況を作り出して一気にスキルを上げるには

英語が上達しない根本的原因

何年英語を勉強しても、ほとんど英語が上達しないと嘆く人が多い。僕の友達でも1年間語学留学して、世界一周やアメリカ横断をしたにも関わらず、ほとんど英語ができなかった。今だにhaveの使い方が良く分からないといった始末だ。

長年、英語を勉強しても上達しない人は、一つのことに没頭したことがない場合が多い。例えば、難関大学、難関資格、仕事でトップクラスの成果を上げる等、ある一定の努力をして、自分の価値を上げることができた人は英語の上達も早い。

要領の良さもあるが、それよりも物事に集中して習慣化することができるから、目標を達成できる。そのためには自分で計画を立てて、感情の波に惑わされずに、面白くなくても淡々と勉強することが重要だ。

「努力なくして成果なし」は当たり前のことで、それ相応の努力と引き換えに、自分の望むべく果実を得ることができる。

僕は英語を学習するに当たって、それまでに身につけた行動マネジメントスキルをふんだんに活用している。だから、英語は学習するというより、好きな音楽を聴くような感じで接することができ、毎日英語で考えて、ライティング、スピーキングするのは、食後に歯磨きするのと同じ位の感覚になっている。

それでは、どうようにして英語を習慣化できるか紹介していこう。

英語を学習する必要性を作り出すようにする

何事を始めるのも目的意識がなければ、習慣化はおろかスタートすることすらできない。日本では英語ができるというだけで、羨望の的になったり、収入アップに繋げることができる。

ただ、漠然と英語が話せたらカッコいいと考えるだけではなく、自分が何故英語ができるようになりたいかをしっかりと意識することだ。僕の場合は、仕事で外資系企業に勤めていた時に、英語ができる日本人は、できない社員よりも2倍くらい給与が高かった。

そういう光景を見ていると、日本語だけしか話せないと、英語ができる社員に比べて2倍多く働かないと、同等の給料を貰うことはできない。それは正直馬鹿らしいと感じるようになり、それならば英語をできるようになろうという意識になった。

日本に住んでいるだけでは、英語は上達できないと言われているがそんなことはない。ネットでは日本語より英語のコンテンツの方が圧倒的に充実している。SNSを活用すれば、英語圏の友達を簡単に作ることができ、電話やビデオ通話をすることができる。

このようにして、工夫次第で留学するのと同じ程度の英語環境を作り出すことは十分できる。

英語を学習する必要性は人それぞれあるので、自分の現在の環境を考えて具体的に意識しよう。外資系企業でグローバルに活躍したい、ハリウッド映画を字幕なしでみたい、外国人の恋人を作って、憧れの白人と愛を深め合いたい等、英語ができることで世界が広がることは間違いない。

海外旅行は語学習得への近道

英語に興味があるなら、海外旅行に行くのはオススメだ。日本に住んでいたら、英語ができないもどかしさを感じることはないので、海外に行くことで英語ができない不便さを実感してみると、一気に意識が上がる。

僕はロサンゼルスを旅行した際、全く英語ができなかった。それこそマクドナルドでハンバーガーを買うのも一苦労で、飲みに行ったりすると、アメリカ人から話しかけられたが、何と言っていいか分からず、とても悔しい思いをした。旅行は色んな観光地を訪れてとても刺激的だったが、英語ができたらもっと現地の人と交流して、楽しめただろうなと感じた。

今では、英語は世界共通後になっているので、米国や英国だけでなく、近場ではフィリピンでも、英語は公用語になっており十分通用する。海外旅行で英語が実際どのように日常で使われているかを知り事で、英語意識を上げるのにかなり役立つだろう。

オンライン英会話スクールで英語を日常化する

人間とは忘れやすい生き物で、一度英語を勉強すると心に決めても、日常の忙しさにかまけて、つい後回しにしたり、気力がなくなったりする。1人で英語を学習するだけでは、叱咤激励もなくマンネリ化してしまうので、英語を話せる人を見つけておくとよい。

僕の英語スキルが一気に上達したのは、オンライン英会話スクールを活用したからだ。

習慣化するために必要なことは、毎日少しでも勉強することだが、オンライン英会話スクールだと毎日都合の良い時間に受講することができ、多彩な講師陣から、趣味や仕事の話ができる人など話したい話題に合わせて、講師を選ぶことができる。

やはり、自分の話す英語が通じて、相手が笑ってくれたりすると、その光景がしっかりと記憶されて、1人でいる時もその時の状況を何回もリピートすることができる。

こうやって楽しい体験を毎日積めば、自然ともっと話したいことが増えてくる。英会話のための予習、復習も受験勉強のような感覚は全くなく、趣味に没頭しているような感覚だ。あまりにも楽しいので、日本語を完全に遮断して、英語だけで生活したいと思えるくらいまでハマってしまった。

このように、意識次第で英語はいくらでも習慣化することができる。毎日誰かと話すことで、昨日より今日、今日より明日というように、少しでも話せるようになろうという意識になるので、英語を通して人生が有意義なものになるだろう。