日本語教師を目指す場合も実は英語が必須な理由とは

英語を勉強していると、オンライン英会話レッスンではほぼ英語のみで受講する。一応、日本語対応の講師もいたが、まともに日常会話ができるレベルの講師はいなかった。

英語教師は英語だけできれば良いが、果たして日本語教師はどうなのだろうか?

特にオンライン日本語スクールになると、日本語だけでは教師になることはできない。

日本語は英語と比べてかなりマイナーな言語になるため、どこかで局地的に日本語を学びたいというニーズはほとんどない。しいて言うなら台湾だろうが、それでも母数的にはたかが知れている。

海外向けの日本語スクールを運営するには、世界の点在する日本語に興味がある生徒でレッスンするため、英語の日常会話レベルは必須だ。もしくは、台湾や中国の生徒に教える場合には中国語ができると良い。

日本語教師を目指したいと思えば、必然的に英語力を磨く必要があるので敷居はグッと上がる。ただ、英語ができるようになると、会社でも重宝されるし、転職にも有利になる。

日本語というマイナー言語だからこそ、英語と組み合わせれば、日本語教師だけでなく、仕事に一気に幅が広がる。副業としても日本語教師は注目されてきているので、オンライン英会話スクールでまずは、英会話の基礎力を身に付けてからチャレンジしてみるのもいいかもしれない。