英語の数字単位を日常生活で使いこなすには

英語の数字単位は日本語とかなり違うので、慣れるまでは上手く言葉にすることが難しい。会話中に商品の値段、年代、経済関連等で数字についての話題をすることが多いので英語の数字単位はしっかりと使い込なしておきたい。

数字単位はただ単に英単語と同じように覚えればいいというだけでなく、色んな数字表記に合わせた読み方を臨機応変にしていかなければならない。

数字でよく使う単位は十、百、千、万、10万、100万、1000万、1億位までになるが英語では以下のようになる。

1,000(千) thousand
10,000(万) ten thousand
100,000(十万) hundred thousand
1,000,000(百万) million
10,000,000(一千万) ten million
100,000,000(一億) hundred million

millionは日本でも馴染みが深く、AKB48がCDをリリースする度にミリオンセラーを突破したというのは100万枚CDが売れたということだ。ここで注意しておきたいのは、日本語での億単位は英語ではhundred millionになっており、実際に使っているとかなり違和感を感じ、億単位が上手く言えない場合が多いので、桁上がりと表記を覚えておこう。

僕が初心者の時に英語の数字単位を覚えるのに活用したのがショッピングストアだ。日常生活で数字を扱う機会で最も多いのが、買い物をする時なので店で買い物をする際は、プライスカードを観た時に瞬時に英語表記で呟くようにした。

ショッピングストアでは様々な商品が売られており、値段もバラバラなので最初は戸惑うが、慣れてくると桁が変わってもすぐに発音できるようになる。

また、支払いをする際には、お釣りを暗算してこれも英語表記で思考することで、計算を英語表記でできるようになった。このようにお店を英語表記のトレーニングの場として活用すれば日常的に数字を扱うようになり、無意識に英語数字がポンと言葉で出てくるようになる。

英語表記が苦手だと感じているならば是非試してみるとよいだろう。