英語が話せると日本語もレベルアップする

英語で文法を勉強するようになり、言語そのものについての論理的思考をするようになり、日本語のレベルも上がっている。

日本語はネイティブなので、無意識レベルで自分の考えを瞬時に言葉にして話したり書くことができるが、それに甘んじて相手により伝わるような努力をしていなかった。

たとえばTOEICのスピーキングテストで1分間スピーチがあるが、これは最初に結論、次に理由、最後に結論という流れで1分間でスピーチする。英語でそれだけ論理的に話すことは勿論難しいが、日本語でもなかなか1分間で収まりきれない。

日本語は過程から話すことが多く、最後に結論を言う流れになりがちで、そうなると、英語圏の人は、「この人は一体何を伝えたいんだろう」ともどかしさを覚えてしまう。

だから、普段から英語のように結論から話して「なぜならこういう理由だからです」という形で論理的に話すことができるようになった。

英語を学ぶことで日本人と話す時でも、「こいつできるな」「話しが面白いな」と思ってもらうようになったのは、ちょっと得した気分だ。