洋楽は英語学習にかなり役立つ

英語をフレーズまるごと覚えるのに便利なのが洋楽だ。英語がスラスラと口から出てくるようになるまでは、同じフレーズを何回も聴いて、繰り返し発音することが重要だ。しかし、英文でこの反復練習をするのは、飽きがきてしまいすぐに挫折する人も多い。

日本語で考えたら分かるが、本を1回読んで、また読み直すことは稀だ。人間は刺激的な情報を好むので、知っている情報は必要ないと感じ、また繰り返し接しようとしなくなる習性がある。

英語の反復練習やシャドーイングが続かない人は是非、洋楽を活用しよう。僕は元々洋楽が好きなので、お気に入りの曲は何回でも聴きたくなる。歌詞とメロディーは何回も聴くと、ボーっとしている時に自然と何回も頭の中でBGMとして流れてくるようになる。

この習性を活用して、メロディだけでなく、歌詞もしっかり覚えて、いつでも口ずさめるようにしよう。好きこそモノの上手なれで、歌詞を覚えることがとても楽しいと感じるようになる。

英単語を覚える際にこれ覚えても果たして使うのかな?という疑問を感じることがあるが、曲ならば、一度覚えれば好きな時に歌うことができて、友達に聴かせることもできる。

歌詞は人の心に響くような内容が多々あるので、意味が分かればそれだけ、曲に対する思い入れも深くなる。邦楽のように、切なくなったり、高揚したりしながら、洋楽に触れることができると英語が深層心理まで深く届くようになり、英語を更に深く知りたくなるという好循環が生まれる。

このように音楽は学習という枠を超えて、英語に接することができ、感情とリンクさせて日本語並の感覚にすることができる。