アマゾンプライムを英語学習で使って8ケ月経過

海外ドラマやドキュメンタリーは、英語学習に欠かせないもので、今までフールー、ネットフリック、dTV、アマゾンプライムを渡り歩いてきた。動画を観る時に、日本語字幕を表示するには、正直オススメしない。

結局、日本語で意味を理解するので、英語はただのBGMと化してしまうからだ。しかし、日本語字幕を消せるには、ネットフリックス等限られており、現在契約している、アマゾンプライムは、日本語字幕を消すことはできない。

一時期はネットフリックスと、アマゾンプライムを併用していたが、正直そこまで動画を視聴する時間を割くことはできないので、アマゾンプライム一本に絞った。

字幕無しで鑑賞して、自然と英語が理解できる人もいるみたいだが、正直相当難易度は高い。脳科学者が言うには、1日10時間、7年間位の月日が必要みたいで、即効性はない。

だから、字幕なしで観ても、正直面白さが分からないので、モチベーションが沸かなくなる。そのため、動画は勉強というより、息抜きとして観たり、BGMにするようにして、字幕が見えない位離れて、視聴するようにしている。

そうやって、とりあえず家では英語が常に流れている状態にして、ドラマが飽きたら、ドキュメンタリー、TED,ユーチューブと使い分けている。日本にいながら、これだけ英語に接することができるのは、まさにネットの恩恵。

会話する事以外は、日本もアメリカも立地的なハンディキャップは無くなった。会話もスカイプ使えば、オンラインスクールで会話できるので、英語を勉強しないと本当に勿体ない。

英語の中で一番難しいのはリスニングだと感じる。他のスキルの話す、書く、読むは全て自分のペースでできるからだ。しかしリスニングは、日本人の聴覚の周波数では、聴き取るのが本当に難しい。だから、TED等の10分前後のプレゼンを、英語スクリプトを印刷して、発音と文字を塊で覚えて、何回も聴くようにしている。

こうやって、英語メディアを複数使い分けて、楽しみながら英語と触れ合うことで、生活に密着するようになる。