目が疲れた時は英語でタッチタイピングすると集中力が回復

仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホで液晶画面を観る時間が多いため、どうしても目が疲れやすくなる。

こうやって執筆している時も、日本語は変換が必要だから、ずっと画面を見続ける必要がある。

そういった時は、英語でタッチタイピングをするとよい。英語は当たり前だが、変換が必要ないので、タッチタイピングができれば、画面を見る必要性が無い。これは英語を学習する大きなメリットだ。

できるだけ、目に負担をかけないために、画面を見ずにタイピングしたいので、必然的に英語で情報を処理しようとする。

メモ程度ならば、自分が分かればよいので、少々間違っても問題ない。もしくは後で修正すればよいだけだ。また、目を閉じてタイピングができれば、イメージしながら映像をリアルタイムで言語化できるので、表現力の向上に繋がる。

視界は思考力に大きな影響を及ぼすので、画面の文字を見ながら執筆するのと、目を閉じてイメージしながら執筆するのでは、臨場感のダイナミックさが大きく変わってくる。まさに映画を観ながらリアルタイムで言語化しているような感覚になれる。

また、英語は変換が必要ないので、思考をダイレクトに言語化することができる。日本語は描く度に変換が必要で、変換処理で思考が中断されてしまい、それが表現力の足かせになってい
る。

ネット社会の現代は、英語がで世界標準言語なので、今後必要性は益々高まっていく。AIを活用したグーグル翻訳は、英語を日本語を自然な形で翻訳してくれる。これは他の言語も同じで、あらゆるローカル言語は、英語を介して世界に発信することになる。

そのため、英語タッチタイピングを習慣化して、表現力を高めていくことで、時代の変化に対応することができる。