手帳は日本語と英語に分けた方が覚えやすい

英語を勉強するようになって、メモ帳を1個増やした。以前は日本語も英語も一緒の手帳に書いていたが、どうしても日本語脳が活性化するので英単語の覚えが悪いなと感じたからだ。今は常に2つの手帳を持ち歩き、それぞれのにメモを書き込んでいる。 続きを読む 手帳は日本語と英語に分けた方が覚えやすい

英語と日本語の論理的な価値観

よく英語は論理的で日本語は表現が曖昧だと言われる。これは正確に言うと日本語は表現力が有りすぎて、色んな言葉を詰め込みすぎてしまい、論点が見えにくくなっているからなのだ。日本語は漢字1字が意味を持っているから、単語単位で十分意味が伝わる。だから、短い文章でもいいのだが、それだとちょっと物足りないので、ついあれこれ言葉を付け足してしまいがちだ。 続きを読む 英語と日本語の論理的な価値観

フィリピン大学の学生とのレッスンは知的好奇心を活性化させる

最近、英会話に慣れてきたこともあり、会話中に焦って、言葉が出てこなくなるような事がほとんど無くなった。しかし、まだまだ満足いくレベルでは決してない。英会話は常に新しい語彙を増やしていき、尚且つ今まで覚えた単語も使っていかないと、相対的な言語スキルは上がっていかない。 続きを読む フィリピン大学の学生とのレッスンは知的好奇心を活性化させる

日本人の高い言語能力と経験値

毎日外国人の英語教師とフリートークしていると常に感じるのが経済格差だ。特にフィリピン人と話すと痛烈に感じる。僕とフィリピン人との関係は講師と生徒という間柄だが、こと英語以外に関しては圧倒的に僕の方が能力が上だといつも感じる。まず言語能力に関しても、日本語だったら様々な分野の話題で議論することができる。経済、政治、IT、ビジネス、映画、音楽など。それも表面的な部分だけでなく、かなり深い内容まで話ができる。 続きを読む 日本人の高い言語能力と経験値